詩画作家・星野富弘さんの作品をもとにしたカレンダーや絵はがき、グリーティングカード、その他関連商品のご紹介・販売しています。

4590 CD 「Colors of Tomihiro Hoshino Vol.1」

2,750円(税250円)

購入数
収録曲には、それぞれのアーティストが、詩画作家 星野富弘氏の世界を色彩豊かに表現。

「逢いたい」Rainbow Music Japan
オーケストラの壮大なオープニングと共に、透明感のあるハートフルな歌声で佐々木静が歌いあげる。

「木の葉」Migiwa
アコースティックギターの心地良い軽快なリズムと共に歌われるメロディーは、まるで「木の葉」の詩に込められた情景が浮かんでくるような一曲。

「Feel Alive / 生きているから」Samuelle
アルバム「Seasons -悲しみの意味- Samuelle meets Tomihiro
Hoshino」より楽曲を提供。ビートの効いたSamuelleの音楽表現と生命力に溢れた歌声を聴くことができる。

「ニセアカシア」Rainbow Music Japan
佐々木潤が奏でる鍵盤の音色と、佐々木静の伸びやかな歌声が、深みのあるコーラスのハーモニーに、やさしく包まれ、心地よい世界を生み出している。

「小さな花」TAKEO
清廉かつ深みのある歌声と、その歌声に寄り添うように響くチェロの優しい調べが、詩画に描かれた情景を巧みに表現し、心に深く伝わっていく。

「悲しみの意味」大宮香織
その歌声とメロディーは、まるで詩画に描かれる季節までも表現しているように聴こえる。またヴァイオリンの音色に、強さとしなやかさが感じられる。

「背中」Migiwa
弦楽四重奏とギターがMigiwaの歌と重なり合い、詩画の世界を独自のセンスで豊かに歌いあげている。星野富弘氏が特別に2番の歌詞を作詞している。

「愛されている」参加アーティスト全員、スペシャルゲスト 鬼無宣寿、竹下静。2014年5月に富弘美術館で行われたイベントで発表され、NHKでも紹介される。アーティストソロから始まり、クワイヤーが加わり、弦、ドラム、パイプオルガン、コーラスなど、壮大なスケール感で詩画の世界を歌いあげている。

おすすめ商品